イベント

【大阪万博2025】ロゴの作者はシマダタモツ!不気味で怖すぎると話題!



スポンサーリンク


2025年に大阪・関西万博が開催されます。
2005年に愛知県で開催されて以来、20年ぶりの日本開催です。

そんな世界で注目を浴びている大阪万博のロゴが、2020年8月25日に決定しました。

https://twitter.com/meti_NIPPON/status/1298152038761562112?

そしてこの大阪万博のロゴが、ネットでは『怖い!』『不気味』と話題になっています。

  • 大阪万博のロゴが見たい!
  • 作者は誰なの?
  • ネットの声は?

今回は、こんな質問に答えていきたいと思います。



スポンサーリンク


【大阪万博2025】ロゴが決定!

【大阪万博2025】ロゴが決定!(画像引用元:ORICON NEWS)

2025年4月13日〜10月13日のあいだ、大阪の夢洲で行われる『大阪・関西万博』
20年ぶりの日本開催に、世界中が期待し注目されています。

そんな今世界で注目されている『大阪・関西万博』のロゴが、2020年8月25日に決定しました。

https://twitter.com/meti_NIPPON/status/1298152038761562112?

2019年11月29日〜12月15日のあいだに募集のあった5894作品の中から選ばれました。

この作品は、『いのちの輝き』をテーマに1970年に開催された大阪万博のDNAを受け継いだ『セル(細胞)』を意識した作品となっているそうです。

『細胞』を意識した作品を生み出すなんて、斬新ですよね。
なかなかその発想にはならないと思います。

【大阪万博2025】他の最終候補ロゴ

ロゴの応募総数は5894件と、かなり多くの応募があったことが分かります。

その中でも、最終候補まで残った5つのロゴがこちらになります。

大阪万博最終候補のロゴ(画像引用元:ORICON NEWS)

大阪万博2025のロゴに決まったのが、『E』の作品です。
その他の『A〜D』の作品も素敵ですね!

『E』の作品と比べると、他の4作品はとても鮮やかな印象を受けます。

この中で『E』の作品が選ばれた決めては、

全国から集まった5894作品の中から絞り込まれた最終候補5作品から、選考委員会が選んだ。ユーモアや奇抜さが評価されたという。

(引用:https://www.asahi.com/)

どの作品も素敵ですが、色んな意味で印象に残るのはやはり選ばれた『E』の作品ですね。

【大阪万博2025】ロゴの作者は誰?

【大阪万博2025】ロゴの作者は誰?大阪万博2025のロゴをデザインした人は誰なんでしょうか?
また、どんな人なのでしょうか?

調べてみると、TEAM INARIの「シマダタモツさん」であることが分かりました。

【画像】TEAM INARIの「シマダタモツさん」

(画像引用元:https://www.huffingtonpost.jp/)

  • 名前:シマダタモツ
  • 生年月日:1965年生まれ
  • 年齢:55歳(2020年現在)
  • 出身:大阪府

2004年に『有限会社シマダデザイン』を設立されています。
様々なグラフィックデザインを手がけているそうです。

これまでに色々な賞を受賞していることも分かりました。

これまでの受賞歴
  • 2001年:全日本DM大賞受賞
  • 2002年:日本産業広告総合展 銀賞
  • 2003年:ディスプレイデザイン大賞/朝日新聞社賞
  • 2004年:NYfestival 金賞
  • 2009年:全国カタログ・ポスター展カタログ部門 経済大臣賞/金賞/審査員特別賞
  • 2010年:NYADCポスター 銅賞

など

かなりの受賞経歴の持ち主ですね!

【シマダタモツさん】デザインについてコメント

シマダタモツさんはデザインコンセプトを、こう語っています。

踊っている。跳ねている。弾んでいる。だから生きている。大阪・関西万博。1970年のデザインエレメントをDNAとして宿したCELLたちが、2025年の夢洲でこれからの未来を共創する。関西とも、大阪府ともとれるフォルムを囲んだメインシンボルだけでなく、CELLたちは、文字や数字を描きだし、キャラクターとしてコミュニケーションする。自由に。有機的に。発展的に。いのちの輝きを表現していく。

(引用:https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1272795.html)

シマダタモツさんは、

シマダタモツ
シマダタモツ
1970年万博のDNAを表現した

と説明しています。

1970年大阪万博のロゴ(画像引用元:Twitter)

この画像は、1970年に開催された大阪万博のロゴです。
確かに1970年の大阪万博のロゴを見ると、赤い丸の部分が似ていますね。

また大阪万博2025のデザインについて、

ロゴマークは形が異なる細胞をつなげることで、1つの生命体を表現。目のように見える5つの点は、5枚の桜の花びらをデザインした70年万博のシンボルマークから着想を得たという。

中央の楕円は大阪府や関西圏を描いている。シマダ氏は「細胞を組み替えて、文字や数字を表現するなど変化させるのが面白い」と話す。

(引用:日本経済新聞)

青色の目に見える丸は『桜の花びら』から着想を得たそうです。
すごい発想力ですね!

【大阪万博2025】ロゴが不気味で怖すぎると話題!

https://twitter.com/minami_sub_PF/status/1298380859658010624?s=20

ネットでは、『怖い』や『不気味』などといった声が多かったです。

しかしそんな中、ムックがツイッターで『私に似てる』と投稿していました。

確かに色味が似ていますね!

このデザインは、他と被らず斬新でいいと思います。
色々な意味で印象に残りますしね。

2025年の大阪万博で、このロゴがどんなグッズになるのか楽しみです!



スポンサーリンク


【大阪万博2025】ロゴまとめ

  • 大阪万博のロゴが決定
  • 作者はシマダタモツさん
  • ネットの声は不評だが、他とは被らない印象に残るデザイン

2025年の大阪万博で、このロゴがどんなグッズになるのか楽しみです!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。